コース

WHAT’S NEWS

その他のニュース >>

application_banner

アロマセラピー

  main_aroma

アロマ=芳香 セラピー=療法 という意味です。

植物の花・葉・実・樹皮などから抽出された天然素材の精油(エッセンシャルオイル)を用いて、心地良い香りを吸ったり、マッサージなどで皮膚から吸収させたりすることによって、心と身体のバランスを整え、本来の自然治癒力や抵抗力を高めるといわれています。

さらに近年、アロマセラピーが及ぼす人体への作用に関する研究が進むにつれ、世界的に愛好者を増やしています。 “アロマセラピー(フランス語でアロマテラピー)”という言葉は、20世紀初頭、フランスの化学者ガットフォセによって命名されました。ガットフォセは実験中に怪我を負い、エッセンシャルオイル(精油)を用いて傷を癒し、その効用を実体験しました。好きな香りに包まれながら、健康に美容にとても役立つ植物の力は、古くは古代エジプト文明時代からある伝統的な療法です。